【中年男性必見】出会い系サイトで女性を惹きつけるメールの書き方

タッちゃんです。

出会い系サイトで中年男性が人妻や女性とセックスをするためには、やはりメールのやりとりが重要になります。

実際に出会うまでは、メールでしかお互いを知ることができませんので、基本的にはメールの書き方で「この人と会ってみよう」と思ってもらう必要があります。

特に中年の場合、それだけでデメリットになりますので、メールのやりとりの重要性は知っておく必要があります。

出会い系サイトではファーストメールでほとんどが決まる

出会い系サイトを使うとわかりますが、基本的には女性が圧倒的に少ないです。

アクティブに使っているのは男性で、良い女性に対して、多くの男性が群がっている状態です。

写真入りの募集投稿の時等は、多くの男性が良い女性にアプローチをかけます。「この人と会ってみたい」と女性が思うかどうか?のメールの書き方が大事。

特徴のあるようなメールを書いていないと、あなたのメール自体『ワンオブゼム』になって埋もれてしまいます。

  • 自分のプロフィールはしっかりと書いておくこと
  • 自分の目的(お金は幾らなら払えるのか、どんなセックスがしたいのかなど)もしっかりと書く
  • 自分の特技や長所も可(クンニが上手、女性を思いやる、年齢よりも若く見られるなど)
  • 質問を明確にしておく
  • 自分が求めてもいないような女性とメールをするのは時間の無駄、ポイントの無駄
  • セックスに結びつくような写真もプロフィールなどに貼っておくと効果的(勃起したペニスはヒンシュクでブロックされる。肉体などのこと)

このような部分をシッカリと伝えてください。

出会い系サイトで女性に写真を求めるのは絶対にNG

ガサツな男の典型的なメールになるのですが『写真を送ってくれ』というようなメールを送るのは絶対にNGです。

写真を送ってくるような女性と会わない方が良いです。女性は写真加工が上手いですし、別物の女性が来ることがほとんどです(笑)

そもそもセックスをするために出会い系サイトを利用しているので、そのような男女間で見ず知らずで写真を送ったりできるような女性はまともな女性じゃないです。

もちろん、写真を送ってくれなければ会いません!みたいな女性ともやりとりを続ける必要はないです。

ものすごく写真写りが悪い、もち肌で色白な人妻なども沢山いますよ(笑)

めちゃめちゃ綺麗なプリクラでも、タバコ臭くて、口臭もきつく、肌が荒れて不潔な女もいますよ?

ですので女性に『写真を送ってくれ』というのは失礼にあたりますし、あまり写真をアテにしても意味がありません。


>>【10年以上使用中!】出会い系サイトのオススメ

中年男性オススメ!全ての女性をアナタの性奴隷に

このような女性とは出会い系サイトではあわないほうが良い

女性で多いのが、『写真のない方はお断りします』という書き込みです。基本的にこのような書き込みはスルーしてください。

心配しなくても自分のプライベートを教えることなく、素人のエロい人妻やエロいエッチな女性と会うことは出来ます。

この女と絶対にセックスがしたいと勝手に『イイ女』と決めつけている場合が多く、この女のためなら写真を送ろう!という気持ちかもしれませんが(笑)男性にとっても、女性にとってもリスクは同じなのです。

どのような形で自分の写真を使われているかわかりません。

悪用されるリスクは常に考えておきましょう。相手に写真を求めるのもNGですし、自分の写真を相手に送ることもNGです。

結構写真を送る男性も多いですので、その点はしっかりと注意しておきましょう。

まだ一度も出会った事のない相手ですので、逆に言えば男なのか?女なのか?さえもわからないレベルかもしれない…ということです。

一時のエロ心で自分のプライベートを相手にさらす必要はありません。

出会い系サイトの返事のコツ|女性の名前を入れてあげる

めんどくさくなり、コピペを使うこともありますが、一番最初に『○○さん、はじめまして!』と入れるだけでも『あ、この人しっかり読んでくれているな』と思ってくれます。

例えば『僕は○○歳で、身長は○○センチ、体重は○○キロです。楽しい時間を過ごしたいと思っています。もしよければ返事をもらえたら嬉しいです!時間はできるだけ合わせます。』というような文面をコピペでいろいろ使い回すことがあったとしても、文頭に名前を入れて挨拶をするだけで全然違う文章になりますよね?

この手間を取るだけでも返信率は全然違ってきますのでぜひ使ってみてください。

また『こんにちは、条件を教えて、今から会える?』こんな文章ではまず返事はもらえませんし、逆に身の上話など書いているような長ったらしい文章もNGです。

写メ添付であれば返信率も上がる確率は高まりますけども、基本的に先程話したいように、男も女も、リスクは同じですので僕はお勧めしません。

極力自分の素性をサクッと説明して、もし興味があれば自分のプロフィールを見るという流れが一番です。

そのためにもしっかりとプロフィールを書いている方がいいのはわかりますよね

会うまでのメールの頻度について

『実際に会うまで何回ぐらいメールをしますか?』というような質問も何度かもらった事ありますが、正直言って女性次第ですかね…

僕はいきなりラインIDを教えたりすることもありますけど、それは10年以上使っているので相手の空気感を感じ取ることができるからです。

偉そうに言っていますが、外れることも多いです(笑)

でも『ポイント代なんてケチらないぜ』という名目ではありますが、できる限りシンプルに出会いまで持って行きたいので、だいたいやりとりは往復で10回とかかな…

なんかうだうだなってきて『この女、会う気がないかもしれないな…』というような時は、逆にラインを聞きます。本心から話したい場合は普通に教えてくれます。

1回メールが来たら1回返信という感じです。がっつきすぎて何度も返事を催促するようなメールはダメです。

臨機応変に女性に合わしてメールを対応をする

数度のメールで会うところまで行くこともありますし、逆に実際に会うまでに何度もメールをすることもあります。

出会い系の女性も、様々な性格の女性がいますので、その女性に合わせた臨機応変な空気感が必要になります。

これといった鉄板があるわけではないので、いかに出会い系サイトに慣れるか?が重要な部分だと思います。

悩み事を相談されたりすれば、適当にあしらうのではなく、ある程度相談にのってあげ、『メールじゃなんだから、いつ時間があるかな?』のような感じで極力会う方向に向かっていくというのがいいでしょう。

悪気があるわけではないのですが、女性はメールが好きですので、こちらのポイントの事とか考えなくガンガン悩み事などを相談することが多いです(笑)

『こいつ面倒くさい』と思えば放置すればいいし、『こいつとは絶対にエッチがしたい』と思うのであれば彼氏ズラて相談にのってあげてもいいでしょう。

エロの為ですので頑張っていきましょう(笑)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事