ラインをうまく使うと、女性とセックスをできやすくなります。

女性は、どうしようもないくらいくだらない話をラインでしたがります。男の場合は、ラインが要件がなければやらないみたいなイメージです。

女性は、全く方向性のない、収束しないような話でも、ラインで話すことを好みます。ですので、ヤリチンになるためには、男性と女性のLINEの使い方の違いを知る必要があります。

今回は、どのようなラインをすれば女性にモテるのか?について説明します。

ラインはいい感じで進んでいるけど、セックスまで進んだときに下手くそな男であれば、中年男性は絶対にモテません。

セックスをするための手段としてラインを使うだけですので、やはりセックステクニックは重要になります。

もてるLINE術|女性の話の割合を同じにする

まず、適当に返信を返すのではなく、女性にその気にさせるために、女性と同じくらい会話を進めてください。

男は面倒くさいですので、終わりのないラインをあまりやりたがらないですよね?

そうではなく、ちゃんと女性が気持ちよくなるように、ちゃんと返事をしてあげましょう。

「昨日○○に行ってきたよ」と女性がラインをしてきたとき「へー」じゃなく「〇〇に行ってきたんだ?面白かった?人多かった??」とかぶせ気味に聞いてあげます。

女性は、男性に何かを聞いて欲しいと思ってラインをしてきているので、「あなたの言う事をちゃんと聞いているよ」と分かるような返信をしましょう。

深く掘り下げてあげると非常に喜びます。

モテるLINE(ライン)術|絵文字などを使い、女性の興味がありそうなものを探る

絵文字などを使ったり、女性の興味のありそうな事をLINE(ライン)であえて質問したりすると女性は凄く喜びます。

基本的には疑問形で何でも聞いてあげるとよいでしょう。

疑問形で聞くということは、それだけ自分に対して興味があるのではないか?と思いますし、それをアピールするには最適です。

LINE(ライン)の既読スルーはダメだが、速攻で返事をするのもやめる

いい感じになってきていると、速攻で返事をしたくなりますよね?

既読スルーは、「大事にしてくれていないんだ」と思うのでダメですが、速攻で返事をするのも逆にダメです。

理由は、ガッツイていると思われますし、女性にとってプレッシャーになります。

どのくらいのタイミングなのか?は、その女性との間の空気感にもよります。

でも、基本的には早くもなく遅くもなく、いい感じのタイミングを見つけるのは、その女性とのつき合いの深さにもよりますのでこれといったノウハウはありません。

がっついている感じに見られると、イニシアチブが女性に移ってしまいます。ですので、なるべく余裕を持っている感じをかもし出してください。

出会い系サイトでも同様です。

出会い系サイトのメッセージのやりとりで、ちゃんと女性にイニシアチブを取らせずに、自分自身で誘導していけば、このように女性からLINE(ライン)のアドレスを聞き出すのは簡単です。

僕の場合は、体を見せているので、出会い系サイトでも引っかかりやすいです。

体を見せて、女性にシンプルに「抱かれたい」と思わせることができれば、女性は自らLINE(ライン)を教えます。

女性は難しい生き物です。抱かれたいと思っていても、素直にそれを表現できません。

LINE(ライン)にしてもそうですし、セックスにしてもそうですが、その部分をわかってあげて、なおかつ馬鹿真似をする必要があります。

気づいていないフリ、だまされているフリをするのです。

そして、あくまでもイニシアチブは自分で、女性の心をあやつっているのはあなたなのです。

それは、やはり自分自身が自信がなければいけません。セックステクニックにしても、会話術にしても、そのようなものの自信がある態度こそが、女性に対してイニシアチブを持つことができる部分になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事